意外と知らない!ファンデーションとBBクリームの違いは?

[スポンサードリンク]



あなたはファンデーションとBBクリームの違いについてご存知ですか?
意外と「何が違うのか分からない…」という方も多いのではないでしょうか。

ファンデーションとBBクリームには、それぞれ特徴があり、メリットやデメリットがあるんです。自分はどちらに向いているのかも気になるポイントですよね!
また、肌悩みが増えてくる40~50代の方にとって気になるのが、カバー力の違いではないでしょうか。

そこで今回は、『ファンデーションとBBクリーム』に焦点を当て、その違いやそれぞれの特徴、メリット・デメリットなどについてご紹介します!

ファンデーションとBBクリームの違いとは?

【BBクリーム】
BBクリームは、さまざまな機能を1本でこなすことが可能です。
・化粧下地
・美容液
・ファンデーション
などが含まれています。

またファンデーションに比べ、美容液成分やUVカット成分も多く配合されています。
一見ファンデーションよりもBBクリームの方が万能のような印象を受けますよね。

【ファンデーション】
ファンデーションは、シミやシワ、くすみなどの肌悩みをカバーする力に長けています。
BBクリームに比べても、カバー力は優れていると言われています。

ファンデーションには…
・パウダーファンデーション
・リキッドファンデーション
・クッションファンデーション
・クリームファンデーション
など多くの種類があり、自分の肌質に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

ファンデーションの特徴は?

それではまず、ファンデーションの特徴についてご紹介していきます。

成分について

一般的なファンデーションには、その種類にもよりますが、多い場合およそ40種類もの成分が配合されています。

・合成界面活性剤
・紫外線吸収剤
・防腐剤
・シリコンオイル
・合成色素
・ノンコーティング酸化チタン
など、ファンデーションを構成する上で、肌に刺激となる成分も配合されています。

ただ最近では、美容成分を多く含んだものやUV効果のあるファンデーションも増えてきています。

カバー力について

ファンデーションのカバー力は優れており、40~50代の方が抱えやすいシミやシワなどの肌悩みを隠してくれる効果があります。

またメイクの方法や製品によっては、長時間カバーすることも可能で、一日をとおして肌悩みを隠すことができるでしょう。

メリット・デメリット

メリット
・カバー力が高いため、肌悩みを隠しやすい
・肌色を補正しやすい
・種類が豊富なため、自分の肌に合ったものを選びやすい

デメリット
・乾燥しやすい
・厚塗りになりやすい
・油分が多いため、肌への負担が大きい

ファンデーションがおすすめの人

しっかりメイクがしたい方や隠したい肌悩みが多い方には、カバー力の高いファンデーションがオススメです。
また、肌に赤みが強い方や血色が悪い方など、肌色補正をしたい方にも、ファンデーションはオススメです。

BBクリームの特徴は?

次に、BBクリームの特徴についてご紹介していきます。

成分について

BBクリームには多くの美容成分が配合されています。
中でもコラーゲンやセラミド・ヒアルロン酸など保湿成分が配合されているものは、メイクの仕上がりもしっとり!

またUV効果を期待することもできるため、日焼け止めを普段のメイクにプラスする手間も省けますよね。

ただBBクリームは海外製のものも多く出回っていますよね。
含まれる成分が、日本人の肌に合わない可能性もありますから、購入の際は注意が必要です。

カバー力について

カバー力は、ファンデーションに比べて劣ります。そのため、肌悩みの多い40~50代の方にとっては、物足りないと感じてしまうかもしれませんね。

しかしそのぶん、透明感のある肌を演出することが可能です。

BBクリームは美容成分が多く配合されているため、着色成分の配合量が減ってしまうんです。そのため、カバー力が落ちてしまうということですね。

メリット・デメリット

メリット
・1本で何役もこなすため、コスパが良い
・メイクに時間がかからない
・ナチュラルで透明感のあるメイクができる
・乾燥しにくい
・肌への負担が少ない

デメリット
・カバー力に劣る
・カラーバリエーションが少ない

BBクリームがおすすめの人

下地などの手間が省ける為、短時間でメイクを済ませたい方や乾燥肌や肌荒れが進行している方にもオススメです。またナチュラルメイクやツヤ感のあるメイクが好きな方にもオススメです。

普段メイクやちょっとした買い物など、しっかりメイクをしない日でも、手軽に使用できるアイテムと言えるでしょう。

まとめ

ファンデーションとBBクリームは、含まれている成分やカバー力に違いがあることがわかりました。またそれぞれにメリット・デメリットが存在します。

どちらが正しいということではなく、使い分けることが大切!

  • 普段は、コスパもよく時短になるBBクリーム
  • 大事なお出かけの日は、カバー力の強いファンデーション

…など使用方法はあなた次第です。
これを機にあなたもファンデーションとBBクリームを上手に使い分けてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です