老けて見える原因はコレ!40代に相応しいメイクとは

[スポンサードリンク]



最近、流行っている「美魔女」と呼ばれる美しい女性たちをご存知ですか?40代を過ぎても美しさを保つ秘訣は、誰しも興味があるのではないでしょうか。

少しでも綺麗になりたいと自分なりに試行錯誤しても、若い頃のようには上手くいかない…と悩んでいる女性も少なくないはず。

実はメイクの仕方で、40代でも理想の美しい女性に近づける可能性があるんです!

あなたは、いつまでも若い頃と同じメイクをしてはいませんか?残念ながら、それでは周りから残念メイクのおばさんだと思われてしまっているかも…。

今回は、『40代に相応しいメイク』に焦点を当て、老け顔に見える原因やアラフォーの女性が美しく見えるメイクのポイントについてご紹介します!

40代に相応しいメイク方法は?

若い頃に比べ、40代では肌質そのものが変わっています。つまり、メイクも若い頃のままだと、年齢に似合わないメイクになっている可能性があるのです。

しかし、逆に考えると40代に相応しいメイクにすることで、様々なメリットが生まれるということです。

・透明感のある肌に見える
・シミやシワなど肌悩みを隠すことができる
・肌に潤いやハリが感じられる

若々しく健康的で、美しい肌作りがメイクで可能ということですね!

これは残念!老けて見えるメイクとは?

知らず知らずのうちに、老けて見えるメイクをしてしまっている理由は、“若い頃との肌質の違い”です。

加齢とともに潤いやハリがなくなり、シワやシミ、くすみが目立つようになることで、肌悩みを隠すためにベースメイクをしっかりと施すようになりますよね。

しかし、ファンデーションを重ねるほど、メイクは厚塗りになり、気づけば人形のようなマットな肌に…。時間が経てば、ファンデーションが浮き、隠したはずのシワや毛穴が浮かび上がってしまいます。

また、若い頃なら可愛く見える濃いチークも、40代では厚化粧を感じさせる原因に。

肌質や年齢に見合っていないメイクは、老け顔に見える原因になるので注意しましょう。

-5歳若返る!メイクのやり方とは?

それでは実際に。40代でも-5歳若返るメイクの方法についてご紹介します!

40代のメイクはベースが命!

40代の女性には、艶肌のベースメイクがオススメです。

艶肌の正体は、光の反射による「光沢」。気になるシミやシワ、くすみを光により反射し、肌をキレイに見せることができます。

艶肌になれるベースメイクの仕方をご紹介します。

【艶肌メイクのやり方】
①たっぷり保湿し、肌に潤いを与える
②化粧下地はパール成分配合の発光下地でオレンジ系のものを選ぶ
③コンシーラーで、シミや凹凸部分をカバーする
④ファンデーションを薄めに塗る
⑤Tゾーンと目の下にハイライトを入れる
⑥光沢のあるタイプのフェイスパウダーで仕上げる

ポイントメイクはやりすぎない

ポイントメイクはやりすぎないことが鉄則!自然で透明感のある印象が、40代のメイクをより美しく見せてくれます。

【ポイントメイクのコツ】
・アイシャドウ:ベージュや明るく淡い色を塗りすぎないように乗せる
・アイライナー:茶色で細いラインをまつげの隙間を埋める程度に入れる
・マスカラ:重ね付けはしない
・リップ:ベージュ系や濃すぎる色は避け、口角の輪郭からはみ出ないように塗る

チークで健康的な印象に

チークの入れ方が良くないと、若作りすぎてしまったり、頬がこけて見える原因になってしまいます。

40代の女性にオススメの色は、マットなパステルピンクで、目の下と頬骨の間に逆三角に入れるのがポイントです。

まとめ

40代といっても、まだまだ美しくありたいと願うのは当然ですよね。
ただ、若い頃のままのメイクでは逆効果になってしまう可能性が高いです。

そして意外とその事実に気付かず、若い頃と同じメイク用品を使用し、メイク方法を変えずにいるという方は多いでしょう。

肌質の変化とともに、年齢に合わせたメイク方法に変えていく努力が大切!

憧れの美魔女になれる可能性は、まだまだ十分に秘めていますよ。
これを機にあなたも、40代の肌に合ったメイク方法を見直し、理想の美しさを手に入れてみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です