老け顔に見える原因は『色』かも?ファンデーションの正しい色の選び方

[スポンサードリンク]



ファンデーションといえば、毎日のメイクには欠かせないアイテムです。

ちょっとした肌トラブルを隠せる一方で、
「なぜか綺麗に仕上がらないんだよね…」
「化粧をすると老けて見える…」
などと、悩んだことはありませんか?せっかくのメイクをしても、綺麗に仕上がらないと残念ですよね。

実は、メイクによって顔や肌が老けて見える原因には、ファンデーションの色選びも大きく関係しています。今回はファンデーションの色の特徴と正しい選び方について、まとめていきます。

ファンデの『色』で老け顔に見える可能性も…

普段通りのメイクなのに、ファンデーションの色が変わるだけで、老けた印象を与えてしまうこともあります。それは、疲れている感じやくすんでいるように見えてしまう「顔色の悪さ」が原因。

例えば、黄色みが強いと黄ばんで古ぼけたように見えたり、実際の肌よりも暗い色を使うと実年齢よりも上に見られがちです。

また、肌よりも明るすぎる色を選んだり、ファンデーションでトーンアップを狙うと白浮きして、そのぶん厚化粧感がでるようになってしまいます。

ファンデーションの色味は、必ず自分に合った色を使いましょう。

ファンデーションの色と特徴

ファンデーションの色は大きく分けて3種類あります。色みごとに合う肌色も変わりますので、まずは色ごとの特徴について知っていきましょう。

【ベージュ系】
黄色みが強く、赤みが弱い明るい色。赤ら顔などの肌トラブルを隠したい時にも便利。

【オークル系】
ベージュとピンクの中間色ですが、少しピンクより。ナチュラルな仕上がりに見え、日本人の肌色に一番合う色。

【ピンク系】
ベージュとは真逆で、赤みが強く黄色みが弱い明るい色。柔らかな印象を与える。

ブランドによって多少違いはありますが、それぞれの色系統の中でも、明るめ、暗め、ベージュよりのオークル、ピンクよりのオークル…など、さらに細かく分かれます。自分の肌色をしっかり見極めたうえで、一番相性のいい色味を見つけることが大切です。

自分に合ったファンデーションの選び方

どのようにしてファンデーションを選んだら良いのか分からない…という方も多いですよね。

ファンデーションを選ぶときの、カラー選びのコツをご紹介していきます。

肌のベースカラーとは?

肌色は大きく「イエローベース」と「ブルーベース」の2つに分かれます。

イエローベースは黄色みが強い肌色で、日本人に多いスキンカラー。唇や頬の色がピーチやベージュよりで、日焼けをすると肌が小麦色になりやすいのも特徴です。このタイプはベージュ系やオークル系のファンデーションカラーが合います。

ブルーベースは赤みや青みを帯びていて、欧米人に多いスキンカラー。唇や頬の色はピンクやローズ系が多く、日焼けをしたときに肌が赤くなりやすいのが特徴です。ブルーベースの人にはピンク系のファンデーションが合います。

まずは自分のベースカラーがどちらなのかを知る必要があります。とても簡単な方法があるので是非お試しください。

【自分の肌色を知る方法は?】

1.手のひらを握りしめる

手をぎゅっと握って開いた時の色を見ます。手のひらがサーモンピンクよりの赤の場合はイエローベース、青みがかった赤の場合はブルーベース。

2.手首内側の血管の色をチェック

手首の内側に少し浮き出ている血管の色を見ます。緑っぽく見える場合はイエローベース、青っぽく見える場合はブルーベース。

試し塗りの仕方は?

自分に合った色を選ぶには、実際に肌に色をのせてみるのが一番です。よく手の甲で試す方がいますが、顔の色は手の甲や手首とは少し違うので、フェイスラインや顎で試すのがおすすめです。

また室内だと電気の色みの影響もあるので、必ず太陽光の下でもチェックしましょう。

まとめ

今回はファンデーションの色や特徴、選び方、自分のベースカラーの見分け方についてご紹介してきました。

自分の肌色にあったファンデーションを使うことで、不健康に見られたり、老けた印象を与えたりすることもなくなります。

正しいカラー選びをして、透明感のある素肌美人を目指しましょう!

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です