ファンデが夜まで崩れない!乾燥による化粧崩れの対策法とは

朝のメイクが夜まで崩れない方法はないものかと、悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。

日中何度も化粧直しはするものの、時間がたてばドロドロ…。実はこの原因、乾燥による化粧崩れの可能性があるんです!

「ドロドロなのに、乾燥?」
と疑問に思った方もいるでしょう。

年齢を重ねると、どうしても避けられなくなってくる乾燥肌。身近な問題だけに、対策を知りたいという方は多いはず。

そこで今回は、『乾燥による化粧崩れ』に焦点を当て、その詳細と対策についてご紹介します。

乾燥による化粧崩れとは?

ファンデーションが崩れる原因には、「乾燥」がどのように関係しているのでしょうか?

ファンデーションの毛穴落ち

肌が乾燥すると、防衛機能が働くことで皮脂を過剰分泌します。これは、皮脂により油分のヴェールを作ることで、肌内部の水分蒸発を防ごうとするためです。

しかし、皮脂が過剰分泌するということは、毛穴の入口が大きく広がるということ。その毛穴の入口にファンデーションが落ち込むことで、化粧崩れが起こってしまいます。

テカリ肌

こちらも乾燥から肌を守るために、過剰に分泌された皮脂が原因で起きてしまいます。
肌は乾燥しているはずなのに、気付けばドロドロのテカリ肌になっている可能性があるということです。

粉吹き

肌が乾燥しているというのは、肌表面の古い角質がめくれ上がりやすい状態ということです。
そのため、その上からファンデーションを乗せることで粉が吹いているように見えてしまいます。

また、古い角質でごわついた肌にファンデーションを乗せると、肌とファンデーションが馴染まず、密着しないことによって粉吹き状態になってしまいます。

皮むけ

特に鼻の皮むけにより、メイクが崩れるという方も多いのではないでしょうか。乾燥によりバリア機能が低下することで、肌は非常に弱い状態に…。

そんな弱い状態で、さらに無理矢理ファンデーションを塗ろうとすると、皮むけが悪化し、メイク崩れの原因となります。

化粧崩れ対策①乾燥を防ぐ朝のスキンケア

乾燥による化粧崩れを防ぐためには、実際にどのような対策が必要なのでしょうか?

化粧水は数回に分けて使う

忙しい朝は、スキンケアに時間をかけられないと焦ってしまう方も多いかもしれませんね。
しかし朝の化粧水の付け方でも、メイク崩れを防ぐことは可能なんです。

化粧水は1度にたっぷりつけてしまうのではなく、数回にわけて浸透させることが大切です。

肌に浸透したことを確認する方法は…

1.肌がもっちりしてくる
2.肌に触ると冷たく感じる

この状態になったことを確認してから、次の化粧水をつけるようにしましょう。化粧水は、手の平でよく温めてからつけることで、浸透が早くなります。ハンドプレスも有効なので、ゆっくりと時間をかけて浸透させてあげましょう。

乳液やクリームで蓋をする

化粧水というのは、基本的に肌への水分補給です。肌に足りない水分を補うためには有効ですが、そのままでは肌内部に留まることはできません。

そこで乳液やクリームの登場です。乳液やクリームには油分が含まれているため、化粧水の水分を肌内部に閉じ込めるための『蓋』の役割をしてくれるんです。

大切な役割を果たす乳液やクリームですが、浸透しきらず肌表面に残ったままメイクしてしまうと、肌にメイクが馴染まず、化粧崩れの原因となってしまいます。
メイク前にティッシュで軽く拭き取るか、5分ほど時間をおいてからメイクをするようにしましょう。

酷い乾燥にはオイルもおすすめ

乾燥が酷い場合は、スキンケアの際、美容オイルを数滴馴染ませるのがオススメです。
オイルは皮脂のように働いて、人工的なバリア機能の役割を果たしてくれます。

こちらも手の平でよく温めてから使用しましょう。

化粧崩れ対策②乾燥を防ぐメイクのやり方

つぎに、乾燥を防ぐメイクのコツについてご紹介していきます。

保湿成分入りのコスメを選ぶ

ベースメイクは、保湿成分入りの商品を選ぶのがポイントです。

ファンデーションはリキッドかクリームタイプのものを選びましょう。
また、保湿成分入りのパウダーファンデーションで仕上げをすると、崩れにくいメイクを作ることができますよ!

何度も重ね塗りをしない

ファンデーションは厚く塗れば塗るほど、皮脂と混じり合って化粧崩れの原因となります。厚塗りを回避するポイントは、下地やコンシーラーをうまく活用し、ファンデーションの重ね塗りを減らすことです。

下地を使うことで、ファンデーションと肌は馴染みやすくなるため、化粧もちがよくなります。そのため、頻回な化粧直しによるファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。

また気になるシミは、どうしても隠そうとファンデーションを重ねてしまいがちですよね。そんな時は、あらかじめコンシーラーによりカバーすることで、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができますよ!

まとめ

ファンデーションが崩れる理由には、乾燥が一因ということがわかりました。
化粧崩れを防ぐためのメイク術を取り入れつつ、まずはスキンケアを見直すことが、乾燥対策の第一歩です。

これを機にあなたも、乾燥から肌を守り、夜まで崩れない美しいメイクを目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です