ファンデーションが浮く悩み!気になる原因や対策方法は?

[スポンサードリンク]



メイクをするときに気になるのがメイクノリではないでしょうか?

中でもファンデが浮いて見えてしまうと、見た目がキレイに仕上がらないし、メイクが崩れやすくなる原因にもなります。
なんだか綺麗に見えない肌に、「時間があればメイクを最初からし直したい!!」と思った経験がある方も多いですよね。

そこで、今回はファンデーションが浮いてしまう原因や防ぐ方法、ファンデの選び方についてまとめてみました。メイクする時の参考にしてみてくださいね。

ファンデーションが浮く原因は?

ファンデーションが浮いてしまう原因として一番は「皮脂」や「汗」があげられます。また、肌が乾燥していても、ファンデーションが肌に密着せずに、浮いてしまう原因に。
さらに、毛穴が広がったり黒ずんでいても、肌馴染みが悪く浮いて見えてしまいます。

汗や皮脂はファンデーションと馴染みが良くないので、当然ながら浮いてしまいやすくなるのです。そして、インナードライ肌や乾燥肌の場合にも、肌の乾燥によって皮脂の過剰分泌が起きている場合が…。

ファンデーションが浮きやすくなっている場合には、こうした「肌の状態」から見直してみることが大切かもしれません。

ファンデーションが浮くのを防ぐ方法

ファンデの浮きを防ぐためには、一体どのような対策を取ることが出来るのでしょうか?ファンデの浮きを防ぐ方法についてご紹介していきます。

肌に十分な水分補給をする

原因のところでも触れましたが、ファンデーションが浮くのを防ぐためには、やはり肌の土台を整える「スキンケア」を重視する必要があります。

肌の乾燥や、皮脂、毛穴の目立ちなどは、肌に潤いが不足していることから起こりやすくなるため、スキンケアが不十分だとファンデーションが浮きやすくなってしまいます。

例えば、朝起きて洗顔後すぐにメイクしようとすると、ファンデは浮きやすくなります。洗顔後にきちんと潤いを肌に与えていないと、肌が乾燥する原因になってしまうからです。

また、化粧水などの水分が肌にしっかりと浸透してからメイクをすることがポイント。一つずつ肌に浸透したことを確認してから塗っていきましょう。肌に美容液や乳液が残っているのにファンデーションを塗ると、ファンデーションと混ざり合い、浮く原因になってしまいます。できれば美容液もきちんと塗ってあげて、肌の潤いが一日保てるようにしてあげましょう。

余計な油分を押さえる

朝の洗顔をせずに皮脂が肌に残っていたり、スキンケア後に肌に乳液の油分が残っていると、ファンデーションが浮く原因になります。

肌の表面に油分が残っている場合には、ティッシュなどで軽くオフしてからメイクをするのがおすすめです。

また、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを塗った後で、パウダーファンデーションを重ね塗りする場合にも、先に塗ったファンデーションが乾いてから塗るようにしましょう。しっかりと乾かすことによって、パウダーファンデーションが浮きにくくなります。

ファンデーションの塗り過ぎは厳禁

肌が綺麗に仕上がらないと、ついついファンデーションの量を足していまいたくなります。浮きを目立たないようにしようと躍起になりがちですが、これはNGです。塗る量が多ければ多いほど、ファンデーションは浮きやすく崩れやすい原因になります。

ファンデーションが浮かないようにするには、できるだけ少量で、上手に肌のアラをカバーすることが大切です。

例えば、色付きの下地を使って、仕上げにファンデーションを塗るようにすれば、ファンデーションの塗り過ぎを防ぐことができます。

また、化粧下地は肌の表面を滑らかにするので、肌の凹凸を整えられます。メイクのノリも良くなるし、化粧崩れも少なくなります。最近では、皮脂を抑える効果のある化粧下地もあるので、肌の悩みに合わせて使い分けられると良いでしょう。
下地を使うだけでメイクの乗りが良くなるだけではなく、ファンデーションの浮きを抑えることができますよ。

肌質に合わせたファンデーション使いも大切!

自分の肌質に合ったファンデーションを探して使うことも、化粧浮きをなくすために有効な手段です。

【乾燥肌】
乾燥肌の方にはリキッドが良いと思われていますが、実はパウダーファンデーションもオススメです。「浮いてしまうのではないか?」と心配になる方もいるかもしれませんが、肌に優しい素材で作られているものが多く、肌質を悪化させないと言われています。

肌が乾燥している時には保湿力も低下している状態。肌に負担もかかりやすく敏感な状態になっているので肌に優しいパウダーファンデーションを使うことで、浮きを抑えてくれます。
特にミネラルファンデーションはおすすめなので、一度試してみてくださいね。

【脂性肌、混合肌】
脂性肌や混合肌の方は、毛穴の開きが目立つ傾向があります。肌の凹凸を隠して滑らかに見せるために、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションを合わせて使うことがおすすめです。
塗るときのコツは、皮脂で浮きやすいTゾーンにはリキッドファンデーションを薄くぬること。パウダーファンデーションは余分な皮脂を抑えるので、パテで埋めるように塗るのではなく、肌に馴染むように優しくつけるようにしてみてください。

まとめ

ファンデーションが浮くと、一日の始まりも台無しになるような気分になりますよね。
ファンデーションの浮きは、毎日のスキンケアのやり方の見直しと、自分の肌質に合ったファンデーションを選ぶことで解決できます。

ずっと同じファンデーションを使い続けるよりも季節が変わったり年齢が変わったりしたときに、肌の様子を見て変えていくのも一つの方法。ぜひ、自分に合ったファンデーションを見つけてみてくださいね!

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です