老け顔の原因に…40代から見直したいクレンジングの選び方

40代となると、色々と隠したい肌の悩みがあるものですよね。シミやしわ、くすみなど、数えればキリがない…。

そんな肌の悩みを隠すため、毎日バッチリメイクをしているという方も多いのではないでしょうか。

メイクをするということは、同じようにクレンジングもしていますよね。

そこで、質問ですが「あなたは自分のクレンジング方法に自信がありますか?」。
実は、正しいクレンジングをしていないことで、肌の加齢を促進させる原因となっている可能性があるんです!

今回は、『40代からのクレンジング』に焦点を当て、正しいクレンジングについてご紹介します!

40代からの肌の変化とは?

40~50代の女性は、若い頃に比べ、肌も体内も年々変化しています。

若い頃に健康的でハリのある肌をキープできるのは、肌内部にあるコラーゲンやエラスチン、セラミド、ヒアルロン酸などのハリや潤いを保つための成分が満たされているからです。

しかし、これらの成分は、加齢とともに減少し、潤いを肌内部に保つことができなくなってしまいます。さらに、加齢は肌の細胞の生まれ変わりを遅らせることにより、肌悩みを抱えても治りにくい肌環境となってしまうのです。

変化するのは体内も同様。
女性ホルモンであるエストロゲンはみずみずしく美しい肌を保つのに大きな役割を果たしています。しかし、女性ホルモンも加齢とともに分泌量は減少します。

その結果、肌のバリア機能が低下し、肌内部の水分を保つことができず、乾燥しやすく、刺激にも過敏な状態となってしまうのです。

クレンジングが加齢の原因に…

加齢によって肌機能が低下するため、ただでさえ40代の肌は敏感でトラブルを引き起こしやすい状態です。
そこに過度なクレンジングがプラスされると、加齢を促進させる原因となってしまいます。

クレンジングの際、ついついゴシゴシ擦ってしまってはいませんか?
また、メイクがよく落ちるからと、強力なクレンジング料を使用してはいませんか?

これらは全て、肌にとって強い刺激になります。

強い刺激を受けた肌は、ターンオーバーでは修復不可能な真皮層にまでダメージを与え、シミやシワ、たるみ、くすみなど、肌の加齢を促進させる原因となるのです。

加齢予防!40代からのクレンジングの選び方

それでは肌の加齢を予防する40代からのクレンジングには、どのような方法が良いのでしょうか?
ご紹介しましょう!

強力なクレンジングは避ける

避けるべきクレンジングのタイプは…

・オイルタイプ
・リキッドタイプ
・シートタイプ

のクレンジングです。

特にオイルタイプのクレンジングは、洗浄力が強く、バッチリメイクも簡単に落とすことができますが、洗い上がりのヌルヌル感が気になり、結局ダブル洗顔が必要になってしまいますよね。

洗顔をするたび、肌内部の潤い成分は水に溶け出してどんどん流出しています。結果として、肌は乾燥状態に…。

またリキッドタイプのクレンジングは、強い界面活性剤が使用されているケースが多いため、肌には刺激となります。

シートタイプのクレンジングは、どうしても落とす際に力を入れて擦ってしまいますよね。肌への摩擦は避けられないため、オススメはできません。

クレンジングも保湿を重視

40代のクレンジングで大切なことは、肌に必要な水分や油分を落としすぎないということです。

オススメのクレンジングには、ジェルやクリームタイプが挙げられます。
これらは比較的、肌への負担が少なく、マイルドな使い心地のクレンジングです。

さらにオススメなのは、ミルクタイプのクレンジングです。
こちらは、やや洗浄力は劣りますが、乾燥肌や敏感肌の方にも使用しやすく、肌に必要な水分や油分を落としすぎずにメイクオフすることができます。

保湿力もあるため、クレンジングする際も肌に優しく、洗い上がりの乾燥を防ぐメリットがあります。

ポイントリムーバーを活用する

濃いリップメイクやアイメイクは、とくに落とすのに強い力が必要ですよね。

摩擦は肌への大きな負担になります。摩擦を避けるため、アイメイクやリップはポイントリムーバーを使用してからクレンジングするようにしましょう。

まとめ

40代からの肌悩みには、基本のクレンジングを見直すことも大切!

40代といっても、まだまだ女性として輝ける年代です。せっかくならメイクも楽しみたいですよね。

そのために、メイクとセットであるクレンジングにも目を向け、根本から肌悩みを改善するケアをしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です