ファンデーションがほうれい線に溜まるのを防ぐには?

[スポンサードリンク]



年齢を重ねるごとに、顔の中心に深く刻まれるほうれい線。ただでさえ気になる肌悩みなのに、メイク後に余計に目立ってしまうことも…。

笑ったり話したりするうちに、ほうれい線にファンデーションが溜まってしまった経験はありませんか?そんな経験をしてしまうと、人前笑うことが怖くなってしまいますよね。

今回は、『ファンデーションとほうれい線』に焦点を当て、ファンデーションがほうれい線に溜まる原因や、防ぐためのメイク術・化粧直し方法についてご紹介します!

ほうれい線にファンデーションが溜まる原因は?

なぜ、ほうれい線にファンデーションは溜まりやすいのか考えたことはありますか?

顔のパーツで、特に表情を作りやすいのが目元と口元です。目元と頬から口元にかけての表情筋を活発に動かすため、目尻とほうれい線には深いシワが刻み込まれやすくなります。

特にほうれい線は深いシワですから、その上に乗せているファンデーションも、表情を作るたびシワに入り込み、必然的に崩れやすくなってしまいます。

そんな悩みを抱える方に効果的なのが、メイクの下準備。これをするか否かで、ほうれい線にファンデーションが溜まりやすい状態を、グッと抑えることができる確率が上がりますよ!

ほうれい線崩れを防ぐメイク術

それでは実際に、ほうれい線にファンデーションが溜まりにくいメイク方法について見ていきましょう!

メイク前のスキンケア

朝のスキンケアというと、時間がかけられないと感じている方も多いかもしれませんね。しかし朝だからこそ、メイク前のスキンケアが重要になってくるんです。

ほうれい線にファンデーションが溜まりやすい方の一因として、乾燥が挙げられます。
肌が乾燥しているということは、それだけファンデーションが肌に密着しにくいということ。

また、肌は乾燥していると認識することで、乾燥から肌を守るために皮脂を分泌する性質があります。そのため、余分に分泌された皮脂とファンデーションの油分が混ざり合うことで、さらにほうれい線にはファンデーションが溜まり、崩れやすくなってしまうんですね。

このような乾燥によるファンデーション崩れを防ぐためにも、メイク前のスキンケアは非常に重要になります。

朝の洗顔後は、たっぷりの化粧水で水分補給を行い、肌がしっとりと冷たくなる感覚まで染み込ませます。ハンドプレスをすることで、さらに化粧水の浸透率を上げることができます。

また、化粧水を染み込ませた後は、必ず乳液やクリームを使用しましょう。乳液やクリームが蓋の役割をすることで、肌内部の水分蒸発を防ぐことができます。

化粧下地を活用する

化粧下地は、ファンデーションと肌を密着させるために重要な役割を果たしてくれます。ただし、化粧下地のつけすぎには注意が必要です!

化粧下地を塗りすぎてしまうと、逆にほうれい線にファンデーションが溜まりやすくなってしまうので、適量をムラなく伸ばすようにしましょう。

オススメは、シリコン系化粧下地です。肌の凸凹に強いため、ほうれい線にも効果的ですよ!

ファンデーションをつけすぎない

ファンデーションの厚塗りは、ほうれい線にファンデーションが溜まりやすくなる一因です。

ほうれい線を隠すために、ファンデーションを重ね塗りしてしまうという方もいるでしょう。しかし、ほうれい線だからこそ、『薄塗り』がポイントです!

まずは下地後、顔全体にファンデーションを塗ります。ファンデーションは付け足さず、残ったものをほうれい線に薄くトントンと馴染ませるようにしましょう。

ほうれい線に溜まったファンデーションの直し方

100%崩れない化粧というのは難しいもの…。外出先で、ほうれい線が目立ち始めてしまった時の対策法についてご紹介します。

急いでメイクを直したい時

「ほうれい線は直したい…でも時間がない!」という場合がありますよね。

そんな時は、ほうれい線を指で持ち上げるように伸ばし、指でトントンと馴染ませると、ファンデーションのヨレを簡単に直すことができます。

それでもまだ気になるという方は、ファンデーションかパウダーを薄く馴染ませると効果的です。

しっかりとメイクを直したい時

しっかりとメイクを直したい時は、まずティッシュで余分な皮脂やほうれい線に溜まってしまったファンデーションをオフします。

その後、乳液やクリームを少量つけ、ほうれい線に馴染ませていきましょう。

周囲のファンデーションがついている部位との境目をぼかすように、スポンジでトントン馴染ませていきます。最後にフェイスパウダーで仕上げれば完成です!

まとめ

年齢を重ねるごとに気になってしまうほうれい線。せっかくキレイにメイクしたはずなのに、時間が経つと目立ってしまと残念なもの…。

ほうれい線の目立ちを軽減した方は、まずはメイク前のスキンケアを見直してみてください!

今回、ご紹介した方法をつかって、人前でもほうれい線のファンデーション崩れを気にすることなく、思いっきり笑って生活できるようになりましょう!

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です