夕方になるとファンデーションがくすむ原因は?

[スポンサードリンク]



朝キレイにメイクしたはずなの、夕方になるとくすんで汚く見えてしまう…。そんな経験がある方は少なくないのではないでしょうか?

ただでさえ疲れてぐったりな夕方。おまけに肌までくすんで汚いとなると、気分はかなり落ち込んでしまいますよね。

そこで今回は、『夕方のファンデーションのくすみ』に焦点を当て、その原因と対策についてご紹介します!

時間が経つとファンデーションがくすむ…その原因は?

時間の経過とともにファンデーションがくすんでしまう原因がわかれば、対策もしやすいですよね!

まずは、肌がくすむ3つの原因についてご紹介します。

1.ファンデーションの酸化

ファンデーションというのは、基本的に油分が含まれていますよね。そのファンデーションの油分と皮脂が混じり合うことで、酸化が起きます。

また、肌は弱酸性です。ファンデーションの中には、少なからず化学成分が配合されていますが、その化学成分が肌の弱酸性と触れることで、化学反応を起こすと酸化の原因となります。

酸化を起こしたファンデーションが変色することで、肌がワントーン暗いくすんだ色に見えてしまうのです。

2.光が反射しなくなる

ファンデーションを塗ったとき、艶っぽい発色になるのは、ファンデーションに含まれる成分に光が反射し、光沢を帯びるからです。
ファンデーションのノリが良く、肌が滑らかであればあるほど、光は反射し、美しく見えます。

しかし、時間とともに肌が乾燥し、キメが荒くなった場合やファンデーションがよれてしまった場合に、肌の上で自然に光を反射しなくなるため肌がくすんで見えてしまいます。

3.血行不良

血行不良によるくすみは、ファンデーションが原因ではありません。

肌の色は血液の色に大きく影響を受けています。美肌の成分となる酸素や栄養素を運ぶのは、血流です。
血液の流れがよく、酸素が行き届いている場合、血液の色はキレイな赤色となるため、肌の色も健康的なピンク色になります。

一方で、血行不良を起こした肌では、酸素や栄養素が行き届かないため、血液の色はくすんだ赤色に…。
皮膚は非常に薄いですから、血液の色がそのまま肌色に反映されしまうことで、くすんだ色に見えてしまうということです。

ちなみに、血行不良になる原因には…

運動不足、睡眠不足、喫煙、冷え、栄養不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れ

などが挙げられます。

ファンデーションのくすみは肌トラブルの原因にも…

ファンデーションが酸化することによる影響は、くすんだ肌色という印象だけではありません。酸化したファンデーションは、肌にとっては刺激になります。

特に、肌が敏感な時期であればあるほど、その刺激により肌トラブルを引き起こす原因となります。

また、先ほど紹介した乾燥や血行不良も肌トラブルの一因となりますので、対策が必要です。

くすみを防ぐための対策は?

それでは実際にくすみを防ぐためには、どのような対策が必要なのでしょうか?

具体的な対策をご紹介します。

化粧下地を活用する

化粧下地を活用するメリットは、時間が経つと酸化し、くすんで見えてしまうファンデーションの量を減らすことができるということです。また、皮脂対策のできる化粧下地を使用することで、酸化の原因となる皮脂の分泌量を抑えることも可能です。

化粧下地にも、多くの色が存在しますよね。
カラーコントロール系の下地を活用することで、くすみにくい肌を演出することができます。

自分の肌色をよく分析し、自分に合った化粧下地を選びましょう。

・肌の赤みが気になる方:イエロータイプ
・肌に血色感がない方:ピンクタイプ・パール感のあるタイプ

朝のスキンケアを見直す

乾燥もくすみ肌には大敵です。まずは普段からの保湿ケアを見直しましょう。

洗顔後はたっぷりの化粧水で水分補給し、水分を逃さないよう、乳液やクリームで蓋をすることが大切です。
乾燥を防ぐだけでも、崩れにくいメイクをキープすることができますよ!

フェイスマッサージで血行促進

血行不良になってしまうと、顔の老廃物が停滞するため、なかなかくすみ肌を改善することができません。また、血行不良は顔のむくみの原因にもなります。
肌の血行を改善するには、リンパ流れを良くして老廃物を流すことが効果的です。

リンパを流す方法として有効なのが、フェイスマッサージです。フェイスマッサージをすることで、リンパの流れが良くなり、血行不良を改善することで肌のくすみを改善することができます。

【フェイスマッサージのやり方】
①クリームなどで肌を保護する
②指先を使ってあご→こめかみに向かって優しくさする
③同様に、口角→こめかみ
④同様に、目の下→こめかみ
⑤目元や鼻筋に沿って指先で円を描くようにさする
⑥耳の後ろから鎖骨に向かって、老廃物を流すイメージでさする

化粧直しでくすみを飛ばす

顔の印象は目元が大きく影響していますよね。とくに、目尻にアイシャドウやアイラインがぼやけていると、顔色は暗い印象になってしまいます。

夕方目尻のメイクが崩れてきたら、水分を含ませた綿棒などで優しく拭き取り、目尻の下にハイライトを入れてみましょう。それだけで、顔色の印象は華やかになりますよ!

また、チークも重要です。くすんだ色に暗い色のチークを乗せると、さらに印象はどんより…。少し明るめの、パール感があるチークを乗せることで明るい印象を演出することができます。

ポイントではなく、全体を直したい!という方もいるとは思いますが、くすんで崩れた肌の上から、直接ファンデーションを重ねるのは逆効果。
そんな時は、トリートメントタイプのミストで保湿し、ティッシュで軽く抑え拭きをしてから、ファンデーションを薄く乗せるようにしましょう。

乾燥対策にもなるため、くすんだ肌が改善するでしょう!

まとめ

夕方になるとくすんで汚く見える肌…。
メイクの仕方やスキンケアで、改善できる可能性は十分に秘めています。

これを機にあなたも、夕方のくすんだ肌から卒業し、一日中キレイな美肌を目指してみてはいかがでしょうか!

[スポンサードリンク]



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です