毛穴の開きやたるみ…原因と解決法とは?

気がついたら毛穴がパックリ開いている…。
鏡をみて落ち込んだ経験ありませんか?

スキンケアも丁寧に行っているのに、どうして毛穴が開くのでしょうか。
今回は、気になる毛穴の『開き』や『たるみ』の原因、改善方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

毛穴が「開く」「たるむ」その原因とは?

毛穴の形状

なぜ、毛穴は開いてしまうのか…?
その原因は大きく分けて2つあります。

それらを詳しくみていきましょう!

「開き毛穴」

毛穴の開きの原因は乾燥による皮脂の過剰分泌です。
体質的にオイリー肌の人も毛穴が開きやすい傾向にあります。

肌が乾燥するとバリア機能が低下します。
そうなると、肌はバリア機能を元に戻そうと皮脂を過剰に分泌します。この時、毛穴から皮脂が大量に分泌されるため毛穴が大きく開くのです。

また、この皮脂は毛穴の開きだけではなく、ニキビの原因にもなるので早めの対策を行って下さい。

「たるみ毛穴」

たるみ毛穴の原因は加齢です。
加齢により肌の「真皮(しんぴ)」という部分を構成しているコラーゲンエラスチンが徐々に減少していくことで肌にハリが無くなり、顔全体がたるみます。この影響で今まで開いていた毛穴がより広がり、楕円形状のたるみ毛穴になってしまうのです。

真皮は建物を建てる際の、土台の役目をしているので、真皮がぐらつくと肌全体に大きな影響を与えてしまうのです。土台が崩れると見た目年齢も高く見られるので、女性としては大問題なんですね!

毛穴の「開き」を改善する方法

洗顔をする女性

毛穴の「開き」を改善する方法で重要なのがスキンケアです。
具体的にまとめてみましたので、参考にして下さい。

朝の洗顔

朝の肌は夜に比べると、メイクをしておらず外気にも触れていないので汚れはほとんどありません。
しかし、寝ている間に分泌された皮脂が酸化している状態なので、きれいに洗い流す必要があります。

とはいっても、皮脂を全て落とす必要はなく必要最低限の皮脂は残すことが重要です。なので、クレンジングは使用せずに洗顔のみで洗い流して下さい。

このとき、水洗顔の方がいいのでは?
と思うかもしれませんが、水洗顔の良し悪しは人それぞれ肌の質が違うので一概には言えません。

今まで水洗顔を行っていて、肌の調子が良い人はそのまま続けて下さい。
ただし、肌に合わないのに続けるのは、毛穴の開き以外の肌トラブルの原因にもなりますので、控えましょう。

ちなみに、オイリー肌や皮脂が過剰に分泌されている場合は皮脂の量が多いので洗顔料の使用がおすすめです。

夜のクレンジングは優しく丁寧に

朝と違って夜の肌はメイク汚れやホコリなどがびっしり肌に付着している状態です。
この汚れをしっかり洗い落とさなければ、肌トラブルの原因になります。

だからといって、クレンジングでゴシゴシケアしていいわけではありません。
クレンジングはメイクによって使い分けることが重要です。

濃いメイクはオイル系のクレンジング…洗浄力が高く、濃いメイクを短時間で落とせます。しかし、洗浄力が強いので長時間のクレンジングは絶対NG。肌の皮脂や潤いを必要以上に洗い流してしまうので、乾燥の原因になります。

薄いメイクは肌に優しいクリーム系…薄いメイクは肌に優しいクリーム系を使用して下さい。洗浄力はそれほど高くないのですが、長時間使用しても皮脂や潤いが失われることがないので、優しく丁寧に洗う事ができます。

クレンジングのポイントは、肌に負担をかけず皮脂やメイク汚れ、ホコリなどをきれいに洗い落とせるかなので、メイクにあった方法を選んでみて下さい。

保湿は手を抜かず丁寧に

クレンジング後の肌は最低限の皮脂が残っている状態なので、すぐに保湿を行って下さい。

「私の肌はオイリー肌だから保湿はそこまでしなくても大丈夫!」実は勘違いです!
先程も紹介した様に、乾燥するから皮脂が過剰に分泌されるので、オイリー肌の人ほど保湿を徹底しなければなりません。

保湿をしっかり行うことで、皮脂の分泌も落ち着いてきますのでぜひ、試してみて下さいね。

毛穴の「たるみ」を改善する方法

サプリメント

毛穴の「たるみ」改善は真皮の水分を行うことが重要です。
詳しくみていきましょう!

肌の内部から真皮層にアプローチ

毛穴のたるみは、真皮層のコラーゲンエラスチンなどが減少することによって起こります。
これらが減少することで肌全体もたるんでしまうので、一気に老け顔になってしまいます…

真皮層のコラーゲンなどを外から化粧水で補うのは不可能です。
化性品に含まれる成分は真皮層まで届かないので、内側からアプローチするしかありません。

肌の表面はいくつかの層によって形成されており外側から『表皮⇛真皮⇛皮下組織』となっています。
化粧水が届くのは表皮の中の一番外側の層「角質層」までなのです。

コラーゲンやエラスチンは食事サプリメントで補うことができます。

なので、肉や魚、緑黄色野菜を積極的に摂るといいでしょう。
タンパク質は、体内でアミノ酸に分解され野菜のビタミンと一緒に取り込まれ真皮のコラーゲンを作る原料になります。

また、食事で補うのが難しい場合はサプリメントもおすすめです。
食事サプリメントを上手く活用してたるみのない肌を目指しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

毛穴の「開き」はスキンケアの見直しをしっかり行う事が重要です。
たるみ」は加齢によるコラーゲンなどの不足が原因ですので、食事サプリなどを利用して積極的に補って下さい。

どちらもすぐに効果を感じることは難しいですが、日々の生活の中で継続して取り入れると徐々に改善されますので、この機会に美肌を目指してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です