ばい菌が毛穴に入り込んで化膿した!それ実はニキビじゃないかも?

毛穴にばい菌が入ると、炎症が起こり、酷いときには肌に触れないくらい痛くなりますよね。

その炎症、ニキビの原因アクネ菌の仕業だと思っていませんか?
実はアクネ菌以外にも毛穴に入り込んで悪さをする『ばい菌』がいるんです!

ニキビだと思って対処していると大変なことに…

今回は毛穴に入り込むばい菌についてどの様な症状が起こるのか、その対策方法などを詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にして下さい!

毛穴にばい菌が入るとどうなるの?

ニキビを気にする女性

私たちの周りには、見えないだけで多くのばい菌が存在しています。
そんな、ばい菌が毛穴に入り込むと…どの様な悪さをするのか?

詳しくみていきましょう!

ニキビの原因アクネ菌

アクネ菌は私たちの身近なばい菌ですよね。
正式名称はプロピオニバクテリウム・アクネスと言い、常在菌の一種です。常在菌とは普段から人間の体に住み着いている菌のことで、腸内細菌なども常在菌になります。

このアクネ菌が毛穴の中に住み着くと、炎症を起こしニキビを作ってしまいます。
ニキビが現れたときは本当に落ち込みますよね…

ですが、『アクネ菌悪者』ではないのです。アクネ菌は肌の保湿を助けたり、皮膚を弱酸性に保ち、外部からの細菌の侵入や繁殖を防ぐ役割もあるのです。

ニキビと似てるけど全く違う毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は皮膚の浅い部分で炎症を起こします。
ニキビと似ているため勘違いしてしまう人が多くいるのが特徴です。ですが、悪さをしているばい菌や対処法も違ってくるので、間違った方法でケアしてしまうと大変なことに…!

毛嚢炎は主に、黄色ブドウ糖コアグラーゼ陰性ブドウ球菌に感染して起こる症状です。
毛包が傷ついたときや、運動で汗をかいたとき、生理などで皮膚が長時間湿った状態のときに発症する可能性が高く、夏にかかりやすい病気です。
「毛包 : 毛を生産するところ」

毛嚢炎が悪化すると『せつ・面疔(面疔)』に…

毛嚢炎(もうのうえん)の炎症は比較的軽く、治るまでに時間もかかりません。
しかし、中には毛嚢炎が悪化し皮膚の深部にまで炎症が広がり、大きな『できもの』になってしまう事があります。

大きくなったできもののことを『せつ』と言い、顔にできたものを『面疔(めんちょう)』と呼びます。
毛嚢炎と違い、治りが悪いので皮膚科や外科で治療が必要な場合もあるので、注意が必要です。

毛穴が炎症を起こす原因とは?

ニキビの断面図

ニキビや毛嚢炎(もうのうえん)は症状は似ていても、その原因は大きく違います!
それぞれ詳しくみていきましょう。

ニキビ編

ニキビの原因はアクネ菌です。
アクネ菌は私たちの肌に住み着いている菌で、外部からの細菌を防いだり、肌の保湿を助ける働きがあります。

ですが、それは肌環境が整っている状態のとき!
肌は乾燥や紫外線、洗顔による摩擦の影響などで、皮脂を過剰分泌し肌環境が悪化してしまいます。

アクネ菌は皮脂と空気に触れない場所が大好きなので、皮脂が過剰に分泌され角栓ができた毛穴の中に好んで住み着きます。

そのとき、皮脂がアクネ菌によって分解され毒性の物質になってしまうため、炎症が起こってしまうのです。
そのまま対処せずに放っておくとニキビができあがります!

肌環境が悪化(乾燥、紫外線、摩擦など)⇛皮脂の過剰分泌⇛毛穴にアクネ菌が住み着き⇛炎症⇛ニキビ
になるのです。

毛嚢炎(もうのうえん)編

毛嚢炎は黄色ブドウ糖やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌に感染して起こる症状です。
汗を放置したり、生理中の湿った状態が長時間続き、毛穴にばい菌が入り炎症を起こします。

また、カミソリ負け長期間の副腎皮質ステロイド薬が原因で起こる場合もあります。

肌が弱かったり、荒れている状態だと発症しやすい傾向にあり、免疫力の低下によっても毛嚢炎はできやすくなります。

アクネ菌&毛嚢炎の対処法

女医

ニキビと毛嚢炎(もうのうえん)はそれぞれ対処方法が変わってきます。
また、両者は似ているので、ケアする際は注意して下さい!

アクネ菌の対処方法

アクネ菌が毛穴で悪さをしたら、ニキビケア化粧品を使用しましょう。
また、外からのケアだけでは十分に効果が見込めない場合もあるので、ビタミンなどをサプリメントで補い内と外両方からアプローチするのがおすすめです。

ニキビケア化粧品のおすすめ有効成分はこちら

  • イオウ…炎症を抑える効果が期待できます。
  • サリチル酸…角質柔軟作用がありピーリング効果があります。
  • ビタミンC誘導体…抗酸化作用があり皮脂を抑えてくれる効果があります。

オススメのサプリメントはこちら

  • ビタミンC…抗酸化作用があり、炎症を抑える効果が期待できる。
  • ビタミンE…炎症を抑え、血流を改善し角質を柔らかくする。
  • ビタミンB群…皮脂の分泌を抑え、ターンオーバーの促進を助ける。
  • ミネラル…ホルモンバランスを整える働き。
  • 食物繊維…腸内環境を整え、血行を促進させる働きがある。
  • 乳酸菌…腸内環境を整える働きがある。

毛嚢炎(もうのうえん)の対処方法

ニキビと違って、毛嚢炎は痛みや痒み、赤みがほとんどないので、治療をしなくても治ることがほとんどです。
なので、気にせず治るのを待てばOK!無理にケアをすると悪化することがあるので注意。

しかし、再発を繰り返したり1週間以上経っても治らない場合は注意が必要です。
皮膚科などを受診し、症状を見てもらいましょう。

毛嚢炎は勝手に治ることがほとんどなので、ケアも対して必要ないのですが、悪化してしまうとセルフケアでは効果がなく、逆に悪化させる可能性が高いため、お医者さんへ相談して下さい。

最悪、せつ面疔(めんちょう)になってしまうと手術をする可能性もあり、キズが残ります。
なので、不安になったらすぐに受診しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

目に見えないばい菌が毛穴に入るだけで、炎症を起こしたり悪さをします。
また、症状も似通っていて自分では判断できない場合は、無理にケアをせず皮膚科などを受診して下さいね。

間違ったケアは肌にキズを残すこともあるので、注意が必要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です