小鼻の詰まり…毛穴トラブルどうにかしたい!原因と解決策を徹底調査!

小鼻の毛穴に角栓が詰まって、どうにかしたい!
しっかりケアしているはずなのに…

もしかしたら、あなたの毛穴ケア、間違っているかも。
その間違ったケアを継続してやっていると、いつまで経っても改善されないかもしれません。

今回は、小鼻の毛穴を正しくケアする方法とその原因をまとめてみましたので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

小鼻とは??

小鼻に泡を乗せる女性

小鼻!小鼻!言われていますが、どこのこと?と思う方もいるかと思います!

小鼻とは、鼻の左右にある膨らみのことです。
鼻と小鼻には少し違いがあるので、この機会に覚えましょう。

また、小鼻は顔のパーツの中では小さなパーツです。
そのため、汚れを落としにくく皮脂や汚れが溜まってしまうことが多く毛穴トラブルが起こりやすい部分なのです。

ニキビや黒ずみになることが多い気はしませんか?小鼻のケアをしっかり行わないと、簡単に肌トラブルを引き起こしてしまうので、顔の真中部分ということもあり目立ってしまいます。そのことを意識しつつ小鼻ケアを行っていきましょう!

小鼻の毛穴トラブルの原因とは?

紫外線の強いビーチ

紫外線

紫外線は肌トラブルを引き起こす原因になるので、注意が必要なのですが…
小鼻の紫外線対策は意外と忘れがちになります。

しかも、小鼻は顔のパーツの中で紫外線が当たりやすい部分です。
そのため長時間紫外線を浴び続けると、小鼻の水分が蒸発しやすくなり美容液などで保湿を行おうとしても、上手く保湿できなくなる事があります。

つまり、小鼻は皮脂量が多い部分でもあるのですが、乾燥しやすい場所でもあるのです。

メイクの洗い残し

仕事や勉強で疲れて帰ってくると…メイクを落とすのって面倒ですよね。ダメだとわかっていてもそのまま寝たりすることもあるかと思います。その気持…すごくわかるのですが、メイクをしたまま寝ると雑巾を顔にかけている状態。なんて聞いたことありませんか?

それくらい肌に負担がかかるということなのですが、あなたの思っている以上に肌はダメージを受けています。

メイクを落とさずに寝てしまうと、毛穴にメイクの油分や汚れが入り込んで、角栓を作る準備が進められ、気づかないうちに角栓が現れてしまうのです。角栓だけだとまだ軽いほうで、悪化するとニキビが炎症して赤くなる可能性も…

朝にクレンジングを行っても、毛穴の中に入り込んだ汚れはなかなか落とせません。
毛穴を詰まらせ、洗い残しにもつながってしまうのです…

なので、寝る前はしっかりメイクを落とすことが重要です。
どうしても疲れているときは、クレンジングシートを使用して下さい。

クレンジングシートは肌に一番負担をかける方法なのですが、メイクをしたまま寝るよりは、肌への負担が少ないので、緊急時のみ使用するとよいでしょう。

過剰な毛穴ケア

角栓や皮脂が気になるからといって、ゴシゴシ洗いや何度も洗顔を行っていませんか?
実は、この様なケアは逆効果…肌の乾燥を引き起こし毛穴トラブルを悪化させてしまいます。

皮脂は肌の潤いを閉じ込め、外部からの刺激などから肌を守るためにバリアの役割を果たしています。
そのため、角栓や皮脂を洗い落とすために過度なケアをしてしまうと皮脂も一緒に洗い流され、肌は乾燥状態になります。

そうなってしまうと、バリア機能を元に戻すために、肌はより皮脂を分泌するようになります。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴は大きく広がり、汚れが溜まりやすくなり角栓ができやすくなります。また、皮膚が硬くなり毛穴の伸縮も上手くできなくなるので、ぽっかり大きな毛穴になってしまうのです。

そうならないためにも、無理に皮脂や角栓を落とすのはNGなので、肌に負担をかけずに優しく行うのが基本です。

小鼻の正しいケア方法

顔を洗う女性

小鼻は顔の中でも汚れが残りやすい部分なので、そのことを意識してクレンジングを行うことが重要です。
また、角栓は正しい方法を継続していれば、自ずと抜けるのでこちらで紹介する基本的なケア方法をぜひ、取り入れてくださいね。

クレンジング

クレンジングは使い分けが重要です!

ガッツリメイクのときは、オイル系のクレンジングを使用して下さい。
また、ナチュラルメイクのときはクリームやミルク系のクレンジングがおすすめです。

オイル系のクレンジングは、洗浄力が高い分、肌の潤いや皮脂も奪ってしまいます。
なので、長時間のクレンジングは絶対NG、約1分で洗い終わるようにして下さい。

洗浄力が高いので1分もあれば十分汚れを落とすことができます。
それでも落としにくいメイクの場合は、先に専用のリムーバーなどを使い先に落としておきましょう。

ナチュラルメイクのときは、洗浄力は弱いのですがクリーム系やミルク系を使用して下さい。
肌に負担をかけなずに、メイクを落とすことができます。

このとき、小鼻を意識するのがポイントです!
以外に、忘れがちになるので注意してくださいね。

洗顔

洗顔を行うときは、しっかり泡立てることが重要です。肌にどれだけ負担をかけずに洗えるかがポイント!

もし、泡立てが難しい場合は、市販の泡立てネットなどを購入して下さい。
コンビニや薬局などでも販売しています。

泡立てたら、泡で肌をマッサージするように、優しく洗いましょう。

すすぐ際の注意ですが、絶対にぬるま湯を使用して下さい。
温度は、体温とほぼ同じくらいの32〜35℃です。

熱すぎると、皮脂や新しい角質などが一緒に洗い流されて肌の乾燥に繋がります。
逆に冷たすぎると、毛穴を引き締めてしまい汚れが毛穴の中に残ってしまうので、毛穴トラブルの原因になります。

まとめ

基本的なことですが、この方法を継続すれば小鼻の角栓は少しづつ消えていくので、ぜひ試してみて下さい!

1〜2ヶ月後のあなたの肌が美肌に変わっていると思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です