毛穴の引き締めは冷水洗顔!それ危険かも?

毛穴を引き締めるために、冷水で洗顔するとキュッと毛穴が引き締まって肌がきれいになったように感じますよね!

しかし…この冷水洗顔は一時的に毛穴を引き締めることはできるのですが、その持続時間はかなり短いので期待できません。むしろ肌には逆効果なんです!

今回は、冷水洗顔が肌にどの様な作用があるのかなど、詳しくまとめてみましたのでぜひ、参考にしてみて下さい♪

冷水洗顔のメリット

メリットを伝える女医

まずは、冷水洗顔で得られるメリットを見ていきましょう。

血液の循環が良くなる

ぬるま湯で洗顔を行った後に冷水で洗うと、肌の血行を促進する効果があります。
一時的ではありますが、肌の血色も良くなります。

さっぱりした洗い心地

夏場など気温が高い日の冷水洗顔は肌がひんやりするので、気持ちよく感じます。

肌の炎症を抑える

こちらも一時的ではありますが、ニキビなどの炎症を抑える作用があります。
ヒリヒリ痛みを感じる炎症に効果的です。

冷水洗顔のデメリット

デメリットを伝える女医

冷水洗顔は実は、ほとんどメリットがありません。
毛穴を引き締める効果があると思い込んでいると実は大きな落とし穴にハマってしまいます。

毛穴が引き締まるのは一時的

先程もお伝えしましたが、冷水洗顔を行った直後は毛穴を引き締めることは出来ますが、約10分程で毛穴は元に戻ってしまいます。

洗い残し

水の温度が低すぎると皮脂角質だけではなく、クレンジング料メイク汚れもきれいに落とすことが出来ません。

洗い残しがあると逆に肌に負担を与えてしまうので、毛穴の詰まりやニキビなど肌トラブルの原因になります。

肌の血行不良

冷水は肌への刺激が強く、毛細血管が拡張され『赤ら顔』の原因になります。
その他にも、血行不良になり肌に栄養が届きにくくなり肌トラブルが起きてしまいます。

汚れが溜まる

冷水洗顔は一時的ですが毛穴を引き締める効果があるので、毛穴の中の汚れを洗い流すことが出来ません。

せっかく洗顔しているのに、汚れを洗い落とす事ができず逆に肌荒れを起こしてしまいます。

敏感肌には刺激が強い

敏感肌に冷水はNG!

ただでさえ、冷水洗顔は肌の汚れを落とすことが出来ないのに『刺激洗い残し』が発生すると、肌環境はかなり荒れた状態になります。

毛穴の黒ずみやニキビ、などトラブルが起こる可能性が高くなります。

ターンオーバーが乱れる

肌がきれいな状態に生まれ変われるのは、ターンオーバーのおかげ、ですが…冷水洗顔はこのターンオーバーにも悪影響を与えてしまいます。

冷水は肌への刺激を与え、血行不良を引き起こし、肌への栄養が運搬されてきません。
そうなると、ターンオーバーに必要な栄養が不足して未熟な細胞が生まれます。

その細胞は外部の刺激に弱く、肌を守ることが出来ません。
また、紫外線など肌の奥に入り込んでくるのでシミなどの原因にもなります。

化粧水・美容液が浸透しない

冷水洗顔だけでなく、洗顔の最後に行うのが保湿

ですが、冷水で毛穴が閉じている状態の肌へ化粧水や美容液を使っても…そう、浸透しないのです。

汚れを落とすはずの、洗顔も冷水で行うと洗い残しが起こり、肌の血行不良に伴いターンオーバーが乱れ、最後の化粧水も肌に浸透しない状態だと…肌が荒れるのは当然ですよね。

毛穴を引き締めたいために、冷水洗顔を行ってしまうと肌全体に大きなダメージを与えていしまうので、注意して下さいね。

毛穴を引き締める正しい洗顔方法

顔を洗う女性

冷水洗顔は肌にダメージを与えるけど…毛穴は引き締めたい!
という方のために、毛穴を引き締める正しい洗顔をご紹介します。

洗顔の前に蒸しタオルで毛穴を開く

洗顔前に毛穴を開いてあげると、毛穴の汚れが取れやすくなるので、蒸しタオルで毛穴を開きます。

毛穴を開くと、逆効果なのでは?』と思うかもしれませんが、毛穴の中に汚れが詰まっている状態で毛穴を引き締めても肌トラブルの原因になるので、まずは汚れをしっかり洗い落とす事が重要なのです。

蒸しタオルはタオルを濡らしてレンジで約1分ほど温めるとすぐにできあがります。
※熱すぎる場合は冷まして、使用して下さい。

その蒸しタオルを毛穴が気になる部分に約3分程、乗せれば毛穴が開きます。

お湯の温度は32〜35℃が最適

蒸しタオルの後に、軽くぬるま湯で顔をすすぎましょう。

その時のぬるま湯の温度は32〜35℃が最適です。
冷たすぎると皮脂が落ちません。また、熱すぎると肌に必要な皮脂や潤いを全て洗い流してしまうので、注意して下さい。

熱いお湯は肌の乾燥の原因にもなり、乾燥肌やオイリー肌の原因にもなります。
ぬるま湯の温度は32〜35℃を意識して下さい。

洗顔料はしっかり泡立てる

お湯で顔をすすいだら、泡立てた洗顔料で肌を包むようなイメージでマッサージを行いましょう。

泡立ちが悪い場合は、泡立てネットなどを使用すると簡単にふわふわの泡を作ることができます。
このキメの細かい泡が開いた毛穴の中の汚れを洗い流してくれます。

泡立ちが悪い場合は毛穴の中の汚れを上手く落とせないことがあるので、注意して下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

毛穴を引き締めるために行っていた冷水での洗顔…実は肌に大きなダメージを与えていたんです。毛穴の開きに悩んでいる方は、今回紹介した洗顔方法をぜひ試してみて下さい。

毛穴が引き締まったきれいな肌を手に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です